読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

empopo’s blog

海外支援の雑貨ショップ、empopoのブログ

レッドファームさんのグラノーラを食べてみました!

グラノーラ
こんばんは。empopoのMahoです。
 
昨年12月から取り扱わせていただいていたレッドファームさんのグラノーラを、好評につき新年も引き続き販売することになりました!

f:id:empopo:20170109231742p:plain


そこで今回は、継続販売中のグラノーラ3種類(キャラメルバナナ、カフェインインフュージョン、レッドビーツ)を実際に食べてみた感想をお伝えしたいと思います。

1)キャラメルバナナ

f:id:empopo:20170107140730j:plain

【商品説明】バター・ゲランドの塩・キャラメルでクッキーのような味わい。バナナ(フィリピン産)とともに。

【感想】キャラメルのこくとバナナチップの自然な甘さがよいコンビネーションでとてもおいしいです。ナッツも入っているのでボリューム満点で非常に食べごたえがあります。

2)カフェインインフュージョン

f:id:empopo:20170107140757j:plain

【商品説明】珈琲と相性抜群のヘーゼルナッツと色んなナッツ達。深煎り珈琲ビーンズ入り。

【感想】コーヒー豆って食べられるんだ!とまず驚きます。そのほろ苦いおいしさにさらにびっくりです。甘さ控えめでコーヒー好きな方におすすめな味です。

3)レッドビーツ

f:id:empopo:20170107140827j:plain

【商品説明】『スーパーフード』・『飲む血液』といわれる赤ビーツが主役。赤ビーツはすべて八ヶ岳にある自社農園で無農薬・無化学肥料で栽培したものです。

【感想】さっぱりしたグラノーラに、ビーツのスライスがアクセントになっています。アーモンドスライスやかぼちゃの種もおいしくブレンドされています。

グラノーラの主原料のオーツ麦には白米の約20倍の繊維が含まれるので、しっかり噛んで召し上がると、男性には腹持ちのよさを実感していただき、女性で便秘にお悩みの方には救世主になるかもしれません。」とレッドファームの全商品を開発されている吉川さん。

グラノーラは毎日食べられるよう甘さは控えめ。特に、ビーツグラノーラは塩味がきいていて、他のグラノーラより一段と甘さが抑えられています。できればミルクや豆乳などかけずに、たっぷりの珈琲、紅茶、フレッシュジュースなどとともに、そのままお召し上がりくださいね。
 
★レッドファームさんのご紹介★
高血圧や血流改善に効果が期待される野菜「ビーツ」を、八ヶ岳のふもとで無農薬・無化学肥料で栽培し、グラノーラやジュース・シロップに加工して販売しているほか、原料にこだわりぬいた各種グラノーラを製造販売。
住所:山梨県北杜市須玉町江草 5737