読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

empopo’s blog

海外支援の雑貨ショップ、empopoのブログ

レッドファームさんを訪ねて

こんにちは。empopo代表のYukiです。

12月の初旬、八ヶ岳の麓にレッドファームさんを訪ねました。レッドファームさんは無農薬ビーツを自家栽培し、こだわりグラノーラをつくっている会社です。

山梨県北杜市の静かな山あいに製造工場があります。この日は快晴で、空気が澄んで気持ちよく、工場の目の前には、ビーツ畑が広がり、遠く南アルプスの山々の連なりが一望できました。

f:id:empopo:20161219143823j:plain

案内してくださったのは、すべての製品を企画している吉川さんという女性です。実は、私とは旧知の仲。前職外資系証券会社の元上司で、大変にお世話になった方なのです。

健康な食べ物へのこだわりは当時から徹底されていました。それはご本人の体質によるところが大きいと思います。添加物に反応しやすいカラダだったからです。健康食品といっても本当にこだわって作られたものは非常に少なく、そこで、自ら作ることにしたのだそうです。

まずはビーツ畑を見させてもらいました。ここでは完全無農薬、無化学肥料でビーツが栽培されています。スーパーフードとして知られるビーツですが、日本ではまだなじみのない野菜で、スーパーの店頭に並ぶことも少ないため、どんな見た目のお野菜なのがご存じない方も多いのではないでしょうか。こんなお野菜なんです↓

f:id:empopo:20161219144036j:plain

夏植えたものはすでに収穫を終え、今畑にあるのは11月に植えたものだそうです。しっかり芽を出していました。

f:id:empopo:20161219144146j:plain

次に、工場内を見学させてもらいました。

f:id:empopo:20161219150511j:plain

この日は、グラノーラの製造は行っておらず(残念!)、蜂蜜漬け商品のための準備が行われていました(食品を扱っている場所なので窓の外から観察させてもらいました)。また、ビーツを圧搾するための、コールドプレス機も設置されておりました。

f:id:empopo:20161219145546j:plain

ちなみに、この機械で絞ったビーツを商品化したのが、エンリッチビーツ(濃縮シロップ)で、「ぜひ試飲してみてください」、と炭酸水で割って飲ませていただきました。とても美味でした。

f:id:empopo:20161219233234j:plain

こうして実際に製造されている現場をみるとますます商品への愛着がわいてきます。
この商品をぜひempopoにつながる方々にも試して頂きたくて今回レッドファームさんのグラノーラをお取り扱いさせて頂くことになりました。

キャラメルバナナ、カフェインインフュージョン、レッドビーツの3種類お取り扱いしていますので、ぜひご覧ください。

f:id:empopo:20161219144316j:plain

キャラメルバナナ

バター・ゲランドの塩・キャラメルでクッキーのような味わい。バナナ(フィリピン産)とともに。

f:id:empopo:20161219144348j:plain

カフェイン インフュージョン

珈琲と相性抜群のヘーゼルナッツと色んなナッツ達。深煎り珈琲ビーンズ入り。

f:id:empopo:20161219144430j:plain

レッドビーツ

『スーパーフード』・『飲む血液』といわれる赤ビーツが主役。赤ビーツはすべて八ヶ岳にある自社農園で無農薬・無化学肥料で栽培したものです。