読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

empopo’s blog

海外支援の雑貨ショップ、empopoのブログ

empopo前史【バングラデシュ編Part3】:グラミン銀行のborrower(借り手)を訪ねて

empopoについて

こんばんは、empopo代表のyukiです。

今回は、グラミン銀行1週間インターンプログラムのハイライトである村訪問の様子をもう少し詳しく見ていくことにしよう。

村での滞在中にグラミン銀行から少額融資を受けている方々(borrower=借り手と呼ばれる)に会うことができた。

f:id:empopo:20170206234459j:plain
前回のブログで、マイクロファイナンスを説明するときに紹介したこの女性もここで会った方である。

 

f:id:empopo:20170213021916j:plain

このおじさん(といっても意外と見た目より若いかもしれないのだが)は、グラミン銀行からの融資で、お菓子売りビジネスをスタートさせた。グラミン銀行のスタッフが、「調子はどう?」的な感じで声をかけていた。そして、ぼくらにそのお菓子を買ってくれた。(揚げパンをさらに油っぽくした味だったという記憶ぐらいしかない・・・)

f:id:empopo:20170213022040j:plain

このご夫婦は、借りたお金を元手に小さなお店を営んでいる。

f:id:empopo:20170213022107j:plain

このお母さんは、借りたお金で牛を飼い(小ぶりな牛だと1頭5万円ほど※)、毎朝とれたてのミルクを市場で売りつつ、子牛を育てて、ある一定以上の大きさになったら子牛を売却して生計を立てている。グラミン銀行とのつきあいが27年にもなるという。

※資料:牛の値段
http://tabisora.com/travel/report2013/b01.html

長い時間をかけて、グラミン銀行は借り手との間に信頼関係を築いてきたんだなあと感じた。20年以上の付き合いの人たちに何人もあった。その関係を支えているのは、各村々に派遣されたグラミン銀行のスタッフだ。彼らが毎日のように借り手を訪問し、話を聞いている。日々接していれば、何か問題が発生したときにすぐ気づくことができるし、商売の相談にものってあげることができる。そうやって不払いのリスクを最小化しているのだ。

f:id:empopo:20170213022831j:plain

(村のグラミン銀行支店のスタッフ)

f:id:empopo:20170213023114j:plain

(くるみちゃんと腕相撲して遊ぶ村の子どもたち。これ、実はグラミン銀行の支店の中である!どれだけ村に溶け込んでいるかがうかがえる。)

ここで、通訳をつとめてくれたシャキールを紹介したいと思う。通訳は、実はグラミン銀行の社員ではない。プログラムがあるときにだけ雇われるアルバイトである。彼は、大学で会計学を専攻しすでに大学を卒業しているが、大卒だからといって定職を得られる保証などどこにもないのがバングラデシュの現実である。(その後、彼はSOS Children's Villages BangladeshというNGOに就職が決定した。めでたい、めでたい!)

彼の人柄をよく表すエピソードを一つ紹介しよう。

それは、村に住んでいる物乞いのおばあちゃんを訪ねたときのこと。都会より圧倒的に数は少ないが村にも物乞いがいることを知った(都市-農村格差だけでなく、農村内格差も存在する)。彼は、おばあちゃんの隣に座り、手を握って話をきいてあげていた。そうすることで相手はだいぶ安心しているようだった。自分が物乞いで、知らない外国人がやってきてあれやこれや聞かれたらどう思うだろうか(ぼくらは、物乞いの方を見世物だとは思っていないが、相手がどうとるかはわからない)と考えたとき、このシャキールのアプローチは、なんだか救われた気がした。

f:id:empopo:20170213022315j:plain

(物乞いのおばあちゃんにカメラを向けることはなんとなく失礼にあたる気がしたので写真は残っていない。そのかわりに別の時のシャキールの写真を紹介しよう。彼が、子どもたちの目線にあわせて話している様子がよくわかる。)

このシャキールとはその後仲良くなり、彼の出身の村のために一つのプロジェクトを一緒に立ち上げることになるのだが、それは別の機会にお話ししようと思う。

empopo前史【バングラデシュ編Part2】:アポなしでグラミン銀行へ

empopoについて

こんにちは、empopo代表のyukiです。

突然ですが、みなさんは、「マイクロファイナンス」という言葉をお聞きになったことがありますか?

例えば、バングラデシュ(以下、バングラ)の村で、女性が家族を食べさせていくために、自分で作ったお菓子を販売したいと考えたとしましょう。そのためには、お菓子作りに使う材料を買ったり、それを売り歩くための台車を購入したりする必要がある。その元手には2万円かかる(実際の現地での取材に基づいた話です)。

f:id:empopo:20170206234459j:plain

農村の貧困層の所得のイメージは、月5千円、年6万円※。ビジネスをはじめるのに4か月分の所得が必要になる計算だ。貧しい農村の女性がそんな大金はもっていることは極めてまれだ。

バングラにはこうした女性にお金を貸してくれる金融機関が存在する。その代表格が、グラミン銀行である。少額を貸し付けるので「マイクロファイナンス」という。

ぼくは、バングラに来る前からビジネスで貧困問題に取り組むグラミン銀行の活動に興味をもっていた。それで本も読んでいた。

f:id:empopo:20170206234906j:plain

マザーハウスバングラでの工場で過ごすこと1週間。この先は何も決まってないからどう動くかは自分自身で自由に決めることができる。

よし、グラミン銀行に行ってみよう、と思った。アポはない。住所をインターネットで調べて本社ビルへ向かう。

f:id:empopo:20170206235007j:plain

(画面中央、はるか向こうに見える白いビルがグラミン銀行本社)

到着し、ビルの中へ入ると、受付でインターンを受け入れる部署がある階数を教えてもらう。エレベーターに乗り込み、教えてもらった階で降りる。近くを歩いている人に「インターンをしたい」と切り出す。「担当者がくるまでちょっとここで待ってなさい」といわれ、席に案内される。

そこで所在なく待っていると、一人の女性が現れた。なんだか日本人っぽいので話しかけてみると、やはり日本人であった。名前はくるみちゃん。聞いてみると、グラミンの1週間インターンプログラムに募集したのだという。

f:id:empopo:20170206235107j:plain

そうこうするうちに担当者がやってくる。「きみは?」「インターンをしたいんです!」「事前に申請はしたのか?」「いいえ、してないです」「・・・」

このときくるみちゃんがいたことは、幸運だったというしかない。「・・・わかった、彼女と一緒のプログラムなら参加可能だが、どうする?」「も、もちろんOKです!(ラッキー!)」「じゃあ、この申請書を今すぐうめてくれ」「はい!」

というわけで、晴れてグラミンの銀行の1週間プログラムにすべりこむことができた。バングラらしいといえばバングラらしい展開と言える。

さて、1週間インターンプログラムはざっくりこんな感じ。

1) グラミン銀行の活動を学ぶ(座学)
2) 実際の活動を見学しに村へ行き、数日間滞在する
3) 系列の縫製工場や、トレーニングセンターを見学する

ここでは2)の様子をご紹介しよう。プログラムのハイライトであり、実際、このパートが一番楽しかった。

村に行く日、ぼくら(ぼくとくるみちゃん)の泊まっているホテルの前に車が迎えにきてくれる。村で一緒に滞在することになる通訳のシャキールと一緒に村を目指す。

f:id:empopo:20170206235247j:plain

その道中(だったと思うのだが)、ガソリンスタンドに寄った。シャキールが言う。「給油中は降りた方がいい」そんなこと今まで聞いたことがない。「ん、なんで?」「爆発するかもしれないじゃん」おーーーーーい!ぼくもくるみちゃんも急いで車から飛び降りたのは言うまでもない。

車は爆発することなく(あたりまえだ)、無事われわれは村へ着いた。宿泊するのは、グラミン銀行の村にある支店に常設されている宿泊所である。

f:id:empopo:20170206235316j:plain

村に到着してそののどかさに、びっくりした。

f:id:empopo:20170206235334j:plain

喧騒のダッカとは天と地の違いだ。ダッカはもうとにかく車も人も多すぎる。

f:id:empopo:20170206235350j:plain

次回は、村でのグラミン銀行の活動の模様をご報告するつもり!

 

※下記リンクp.12上図にある貧困陥落層を参考にして算出

https://www.fasid.or.jp/_files/publication/DP_17_J.pdf

 

empopo前史【バングラデシュ編】:マザーハウスの工場へ

empopoについて

こんにちは、empopo代表のYukiです。

これから何回かにわけて、ぼくがempopoを設立するまでの過程を「empopo前史」として書き綴ってみたいと思ってます。

今回はその1回目。

2014年10月末、ぼくはバングラデシュ(以下、バングラ)の首都ダッカにあるシャージャラル国際空港に降り立った。はじめてのバングラ。空港のゲートの外には人がひしめいている。異国に来たなあと実感する瞬間だ。

ここバングラには、ビジネスで貧困問題に取り組むためのヒントを得ようとやってきた。ビザは2か月間。うち予定が決まっているのは最初の1週間だけであとは何も決まっていない。とにかく日本であれこれ考えても仕方ないから、現地に来て動けるだけ動いてみようと思った。

f:id:empopo:20170131163916j:plain

この地に来る前、ぼくは4ヶ月間、マザーハウスという会社でインターンをしていた。マザーハウスは、バングラに自社工場をかまえ、そこでレザーやジュートのバッグなどをつくっている会社。インターンの最後に念願だったバングラにある自社工場行きが実現した。

このマザーハウスの現地スタッフであるムンナさんが空港まで迎えにきてくれていて、その車に乗って工場近くにある社員寮を目指す。ぼくは1週間、そこで寝泊まりしながら工場に通う。

彼には本当によくしてもらった。毎晩とりとめもないことを話しあった。お互いの家族のことや、仕事のことなど。彼からは今の仕事に誇りをもっていることが伝わってきた。自分の仕事によって家族を養っていることがうれしいのだという。

f:id:empopo:20170131163934j:plain

空港から社員寮への道中、ぼくはバングラの壮絶な交通ルールを目の当たりにした。いや正確に言うなら、交通ルールが存在しないことを目撃した。車はクラクションを常に鳴らして追い越しを虎視眈々と狙っているし、車線は守らないし(ヤクザなドライバーだと逆走もする)、バスの上やトラックの荷台に人はのってるし、過積載という言葉はもちろん存在していないし。

加えて、バングラは最貧国とよく言われるが、たしかに車の年季の入りかたがぼくの人生史上、最強レベルであった。

f:id:empopo:20170131164004j:plain

さて話を戻そう。

次の日、さっそく工場へ。初日は、各セクション(例えば、革を裁断する、縫製する、製品を検品する、など)のテーブルをまわって説明を受けた。ぼくにとっては、バッグづくりの各プロセスを理解するまたとない機会なわけだけど、働いている彼らからしてみれば仕事がその分止まってしまう。そもそもぼくという存在が「Who are you?」という感じなわけだから、このときは彼らとぼくの間にあたりまえだけれど距離があったと思う。

f:id:empopo:20170131164023j:plain

この距離がうまったのは(少なくともぼくがそう感じたのは)、ぼくが生産ラインの中に入って彼らと一日中仕事を一緒にした後からだと思う。ぼくが手伝えるところというのは本当に限られているのだけど。

ぼくがお手伝いさせてもらったのは、製品の検品の中の一工程。製品の表面に残った接着剤を除去するという作業。

縫製する前に素材と素材をくっつけ縫製しやすくするために接着剤が使用される(というのがぼくの理解である。間違っていたらごめんなさい。)。その接着剤が製品の表面に付着したままになっていることがある。それを取り除くのに使うのが、千枚通しのような道具(はさみの奥側)である。

f:id:empopo:20170131164054j:plain

実際にどうするのかというと、とがった先に少量の接着剤をくるっと水あめのように巻きつける。それを製品の表面に付着した接着剤にくっつけてからめとる。接着剤と接着剤がくっついて驚くほどきれいに取り除くことができる。細かく根気のいる作業である。

この日を境にぼくらの距離は縮まった(と思う)。ほとんど言葉が通じない中(工場の中で地位の高い人以外は英語がほとんど話せない。そしてぼくはベンガル語が話せない)、数日ではあるけれど大変な作業を共有した同志としてぼくのことを受け入れてくれたのかもしれない。立ち作業中に椅子をすすめてくれたり、ランチタイムだから作業を止めるよう促してくれたり。優しさと気遣いを感じた。

f:id:empopo:20170131164117j:plain

こんな細かい作業を最終段階でしているなんて思いもしなかった。東京でお店に並べられているバッグを見てただけでは決して知りえなかったことだ。おかげで、今はバッグを見ると一緒に作業をした人たちの顔が自然と浮かんでくるようになった。

 

empopoデザインストーリー:i will be free

empopoの代表Yukiです。

フィリピンのマニラにはそこかしこに落書き(グラフィティ)がある。というより何も落書きされていないまっさらな壁を見つけることの方が難しいかもしれない。

f:id:empopo:20170120173548j:plain

ご覧いただいたとおり、だいたいは、ヒップホップ調のどこでも見かけるような特徴のないものばかりなのだが、ときおり「お!」と思う作品に出くわすことがある。

ぼくがマニラで外出した際に油断なくあたりに目をこらしているのは、防犯のためもあるけれど、これぞという作品に出会うためでもある(それと、野良猫ちゃんを探してもいる。猫好きなので)。

マニラにはディビソリアという「そこに行けばなんでもそろう」というわれる庶民のマーケットがある。治安が悪いエリア(つまり貧しいエリア)と言われていて、実際、「ディビソリアによく行くよー」と言うと、フィリピンの人にびっくりされることが多い。とはいえ、なんでも売ってるし、値段も街中で買うより安いので、empopoの商品に使う米袋や布などはよくここに買い出しにいく。

f:id:empopo:20170120173635j:plain

その帰り道、例によってなんとなくレーダーを張って歩いていると、気になる落書きが目にとびこんできた。
それがこれである。

f:id:empopo:20170120173702j:plain

誰が描いたのか知る由もないが、"I will be free"(いつかは自由になるんだ!)といった感じだろうか。ディビソリアが貧しいエリアなだけにその言葉が現実的は重みをもってこちらに伝わってきた。

ぼくにとって印象深いこの落書きをベースにデザインしたのが以下の二つの商品である。これらの商品を通して、とあるフィリピンの壁にひっそりと描かれていたこの落書きがより多くの方の目にとまればいいなと思っている。

f:id:empopo:20170120173840p:plain

丸形カラーコルクコースター【I will be free】300円

f:id:empopo:20170120173857p:plain

ハンドタオル 【バナナリーフ】900円

 

 

 

モリンガハーブティーって??

モリンガ
empopoのMahoです。
みなさんモリンガをご存知ですか?
フィリピンをはじめ熱帯、亜熱帯の地域で自生、栽培されている植物です。
調べてみるととても栄養価が高く、インドのアーユルヴェーダにも関連深い植物で300種類もの病気を予防するハーブとして使用されてきたそうです。 身体にはもちろんアンチエイジング、ストレスにもいいそう。
スーパーフードといわれているのも納得!!
 

f:id:empopo:20170117144311p:plain

モリンガの存在はフィリピンに行って知りましたが実は以前からわたしにとっては身近なものだったことに気づきました。

毎年旅で滞在するインドで出てくるカレーの中によくドラムスティックというちょっと固い大きめのいんげんのような野菜がはいっていることがありました。全く知らなかったのですがこれがモリンガのさやだったことが判明、実際は自分の身近に存在していました。
 
(こんな感じのカレーの中に入っています↓)

f:id:empopo:20170116212655j:plain

 
empopoではフィリピン産のモリンガの商品を取り扱っています。Girls, be Ambitiousさんのモリンガハーブティーで、ティーバッグ式なので手軽に飲むことが出来ます。
緑茶のような色で、飲んでみるとうっすらほうれん草のような、ヨモギのようなかおりとお味。濃い目に入れるとピリッと感もあります。ワサビ科の植物なのですこしぴりっとするみたいです。
未体験の味ではありますが飲みやすいです!!
 

f:id:empopo:20170116210747p:plain 

 日本ではまだまだ馴染みの少ないモリンガですが栄養たっぷりでノンカフェインのモリンガティーはお手軽でおすすめですよ!!(ただし妊娠中のかたは摂取を控えたほうがいいようなのでご注意ください)

お取り扱い中のモリンガハーブティーについて↓

f:id:empopo:20170116210844p:plain

レッドファームさんのグラノーラを食べてみました!

グラノーラ
こんばんは。empopoのMahoです。
 
昨年12月から取り扱わせていただいていたレッドファームさんのグラノーラを、好評につき新年も引き続き販売することになりました!

f:id:empopo:20170109231742p:plain


そこで今回は、継続販売中のグラノーラ3種類(キャラメルバナナ、カフェインインフュージョン、レッドビーツ)を実際に食べてみた感想をお伝えしたいと思います。

1)キャラメルバナナ

f:id:empopo:20170107140730j:plain

【商品説明】バター・ゲランドの塩・キャラメルでクッキーのような味わい。バナナ(フィリピン産)とともに。

【感想】キャラメルのこくとバナナチップの自然な甘さがよいコンビネーションでとてもおいしいです。ナッツも入っているのでボリューム満点で非常に食べごたえがあります。

2)カフェインインフュージョン

f:id:empopo:20170107140757j:plain

【商品説明】珈琲と相性抜群のヘーゼルナッツと色んなナッツ達。深煎り珈琲ビーンズ入り。

【感想】コーヒー豆って食べられるんだ!とまず驚きます。そのほろ苦いおいしさにさらにびっくりです。甘さ控えめでコーヒー好きな方におすすめな味です。

3)レッドビーツ

f:id:empopo:20170107140827j:plain

【商品説明】『スーパーフード』・『飲む血液』といわれる赤ビーツが主役。赤ビーツはすべて八ヶ岳にある自社農園で無農薬・無化学肥料で栽培したものです。

【感想】さっぱりしたグラノーラに、ビーツのスライスがアクセントになっています。アーモンドスライスやかぼちゃの種もおいしくブレンドされています。

グラノーラの主原料のオーツ麦には白米の約20倍の繊維が含まれるので、しっかり噛んで召し上がると、男性には腹持ちのよさを実感していただき、女性で便秘にお悩みの方には救世主になるかもしれません。」とレッドファームの全商品を開発されている吉川さん。

グラノーラは毎日食べられるよう甘さは控えめ。特に、ビーツグラノーラは塩味がきいていて、他のグラノーラより一段と甘さが抑えられています。できればミルクや豆乳などかけずに、たっぷりの珈琲、紅茶、フレッシュジュースなどとともに、そのままお召し上がりくださいね。
 
★レッドファームさんのご紹介★
高血圧や血流改善に効果が期待される野菜「ビーツ」を、八ヶ岳のふもとで無農薬・無化学肥料で栽培し、グラノーラやジュース・シロップに加工して販売しているほか、原料にこだわりぬいた各種グラノーラを製造販売。
住所:山梨県北杜市須玉町江草 5737

クリスマスパーティーでハムを配りました!

パートナー
こんにちは。empopoのMahoです。
 
フィリピンのパートナーさんのところでクリスマスパーティーが昨日開かれました。

f:id:empopo:20161224153607j:plain

ゴミ山に隣接する街パヤタスで貧しい子どもたちやユースの面倒をみているempopoのパートナーであるラーニーさんとホルガーさん。この日のために、100個のハムを彼らのために購入したのでした。貧しい家庭にとっては、ハムは大変なごちそう。クリスマスという特別な機会を家族と一緒においしいハムで祝ってもらいたいという心遣いです。

f:id:empopo:20161224153640j:plain

(手前右がラーニーさん、手前左がホルガーさん。右下のクーラーボックスにハムが見えます!)

f:id:empopo:20161224153826j:plain

empopoでは、商品の売り上げの一部(クリスマスキャンペーンも含む)を少しでもハムを購入する資金に充てられたらと思いキャンペーンをすすめていました。
最終的に、empopoから5,263フィリピンペソ (12,560円相当)を今回のハム購入費用としてパートナーさんに送金させていただきました。
ハム購入にかかった金額は、1個171.90フィリピンペソx100個=17,190フィリピンペソ(40,519円相当)。empopoからの送金分で約30個のハムが購入できたことになります!
フィリピンではクリスマスは大きなお祝いごとになるので必要なものに役立ったということでよかったです。

f:id:empopo:20161224154139j:plain

empopoの商品を購入していただいた皆様には大変感謝しております。本当にありがとうございました。

f:id:empopo:20161224154109j:plain